田舎暮らし物件専門の不動産サイト 株式会社マイプラン・エス・テイ・コーポレーション

田舎暮らし専門の不動産情報サイト「Rurbanist-ラーバニスト-」株式会社マイプラン・エス・テイ・コーポレーション
【田舎暮らし始めました♪】vol.20 「N様ご夫婦」
 

(左)  神奈川県から新潟県上越市安塚区へ移住してきたN様ご夫婦。
50代ご夫婦で、静かに暮らせる生活を求めて移住されました。
「ご近所さんにお返ししたい」と野菜作りにチャレンジされています!


(右)  客室の床の間の壁もご自身でリフォーム!

田舎暮らしを考え始めたきっかけは、なんでしたか?

ご主人:定年を5年ほど先に控え、ちょうど子どもの結婚も重なり、今後を考えたときに「ちょっと田舎の家を見てみようか」と冗談半分で物件探しを始めました。最初は長野の軽井沢や栃木の那須などを見て回りました。都会生まれで、神奈川では集合住宅だったので移住先はあまり隣家が近くない開けた立地で下水道接続がされていること、小さくても菜園スペースがあるところを希望していました。この条件ですと山間地の物件になるのですが、山間地ではインフラ整備がされていないところがまだまだ多く、下水接続された物件がありませんでした。そんな時、新潟県の物件を見てみたら山間地でもインフラ整備がされた物件が比較的多く、現地を見学してみようということになりました。

 

奥様:集合住宅では窓を開けても駐車場、上下左右に人が住んでいて、庭があってものびのびできるわけではなく、とても窮屈に感じていました。小さな家庭菜園をしながら静かにのんびり暮らせたらいいなと移住を決意しました。

脱衣場の壁は夫婦で漆喰を塗った。

ダイニングの壁紙貼りや、段階・柱の

塗装を少しずつ進めている。

初めての田舎暮らしはいかがですか?

ご主人:今はまだ少しずつこの田舎での生活のコツを掴もうとしている段階ですね。畑も除雪作業も「なんとかなる」と思って初めは手作業でしていたのですが、今は少しずつ機械を揃えています。どうしたら手際よくできるか、特に妻が一人でも除雪や畑作業がある程度できるようになることが目標です。落ち着いたら仕事も始めたいなと思っているので。

 

奥様:見よう見まねで始めた畑や窓の外を落ち着いて眺められる環境は望んでいたものですね。本当に静かに穏やかに過ごしています。ずっと都会暮らしでしたから不便に感じることも多くありますが、この場所で出来る範囲、工夫した生活を見つけたいですね。

今後やりたいこと、挑戦したいことはありますか?

ご主人:リフォーム予定の2階をアトリエにして趣味の絵を楽しみたいです。また、ご近所さんにいつも野菜や山菜を頂くのですが、私たちの畑ではまだお裾分けできるほどの量が取れていないので、まずは私たちが作った野菜をお返しできるくらいに野菜作りを頑張りたいですね。

田舎暮らしを希望される方にアドバイスをお願いします。

夫婦と猫4匹で穏やかに暮らす。

勤めていた会社のご友人たちが。

遊びに来ることもあるそうです!


ご主人:都会では全く必要がなかった季節の備えが生活の一部になり、その備えの大切さを学ぶ日々になります。窓の外を落ち着いて眺められることや、カモシカやウサギに遭遇する環境、夫婦二人で慣れないDIYや除雪、野菜作りをすることなど、今のところ思い描いていた田舎暮らしができているかなと思っています。

 

奥様:移住してからは良くも悪くも(笑)家の中でその日の天気をすごく感じることができます。新潟の夏は意外と暑いことや雨や雪が降ってきたことを家の中で感じるなんて都会では感じることがなかなかなかったので。主人は仕事、私は子育て、2人でゆっくり過ごすことなどなかったので一日中一緒にいることは新鮮ですし、静かにのんびり暮らせることが嬉しいですね。

▼バックナンバー
第1回「H様ご夫婦」(2011年春) 第2回「N様」(2011年秋)
第3回「T様ご家族」(2011年冬) 第4回「N様」(2012年春)
第5回「S様ご夫婦」(2012年夏) 第6回「S様ご家族」(2012年秋)
第7回「S様ご夫婦」(2012年冬) 第8回「I様ご夫婦」(2013年春)
第9回「K様ご夫婦」(2013年夏) 第10回「K様ご夫婦」(2013年秋)
第11回「K様」(2013年冬) 第12回「H様ご夫婦」(2014年春)
第13回「S様」(2014年夏) 第14回「T様ご家族」(2014年秋)
第15回「M様」(2014年冬) 第16回「N様」(2015年春)
第17回「W様ご家族」(2015年夏) 第18回「K様」(2015年秋)
第19回「I様ご夫婦」(2015年冬) 第20回「N様ご夫婦」(2016年春)
第21回「M様」(2016年夏) 第22回「O様」(2016年秋)