田舎暮らし物件専門の不動産サイト 株式会社マイプラン・エス・テイ・コーポレーション

田舎暮らし専門の不動産情報サイト「Rurbanist-ラーバニスト-」株式会社マイプラン・エス・テイ・コーポレーション
【田舎暮らし始めました♪】vol.22 「O様」

東京都から新潟県魚沼市へ移住してきたO様。
田舎暮らしを考え始めたきっかけは、なんでしたか?

 

 田舎暮らしがしたいと思っていたわけではありませんでした。仕事を事情で退職したときに借りていた賃貸アパートの更新も近づいていて、更新して家賃を納め続けるのであればどこか安い家を探してみようと思いました。インターネットなどで物件を探してみたら200万円で家が売られていて驚きましたね。

 5~6年分の賃料で購入できるとわかってすぐに物件を見に来ました。もちろん他のエリアも見たのですが、北海道や九州は見学に行くだけでも大変です。

新潟であれば都内からでも近かったですから。見学をしてすぐに購入し、引っ越してきました。東京生まれ、東京育ちなので田舎の風習もわからなければ、雪国での生活も一切わかりませんでしたが半ば勢いで移ってきましたね。生活のことも、お金がなくなったらまた少し働いたらいいかな、と今でも焦っていません。

 

 

長年使わないでしまっておいて

結局捨てるなら…、と

テントで寝泊まりしているそう。

蚊除けにもなるみたいです!

初めての田舎での生活はいかがですか?

 

 自由、ですね。これと決まっているわけではないですが、音楽が流れている、そんな空間が好きでBGMとして流しているのですが都会生活ではボリュームに気を遣っていました。こちらに来てからはほとんど気にせず好きな時間に聴けるので、それは嬉しいですね。普段はインターネットをしたり、山を散歩したり、気が向けば家の草を刈ったりしています。週に1回、自転車で隣町まで買い物にも出掛けますね。長い道中、出会う地元の方と野菜や花のお話をしたりしながら。特定の方と仲良く、というのはあまりしていませんが、出会う方には挨拶したりお話したりしますね。思わぬ発見があったりして面白いんですよ。雪下ろしも自分のペースでやっているので苦ではないかな。周りの方に心配してもらうくらいですけど。もともと人との付き合い方はあっさりしていて、自分の本音はオープンにするほうなので嫌われているかも?なんて思うこともありますが、本音を隠しているほうが誠実ではないと思うので変わらずにいますね。

田舎暮らしを希望される方にアドバイスをお願いします。

インターネットをし、お腹が空いたら食事、

出掛けようと思ったら散歩。

自由でしょう?


 

 どう思われようと自分をさらけ出すこと。「よそ者」という疑いの目は、最初はどうしてもあるのですから、それを気にせずに自分の思いや考えを貫くことです。集落の集会や作業に参加し、話をするときも「自分はこういう人間です。」ということを発信します。それでわかってもらおうなんで気持ちを持っているわけではないですけど、自分の中で誠実にお付き合いしたいですから。

 今後は、この集落の人口を増やしていきたいと考えています。高齢者施設や野菜の販売、まとまれば何かできるはずだと思うので。この集落が潤って人が集まれば、ナスを頂いたり雪下ろしを手伝ってくださった方々へ遠回りですがお礼になるかな?自分のためにも実現したいですね。

▼バックナンバー
第1回「H様ご夫婦」(2011年春) 第2回「N様」(2011年秋)
第3回「T様ご家族」(2011年冬) 第4回「N様」(2012年春)
第5回「S様ご夫婦」(2012年夏) 第6回「S様ご家族」(2012年秋)
第7回「S様ご夫婦」(2012年冬) 第8回「I様ご夫婦」(2013年春)
第9回「K様ご夫婦」(2013年夏) 第10回「K様ご夫婦」(2013年秋)
第11回「K様」(2013年冬) 第12回「H様ご夫婦」(2014年春)
第13回「S様」(2014年夏) 第14回「T様ご家族」(2014年秋)
第15回「M様」(2014年冬) 第16回「N様」(2015年春)
第17回「W様ご家族」(2015年夏) 第18回「K様」(2015年秋)
第19回「I様ご夫婦」(2015年冬) 第20回「N様ご夫婦」(2016年春)
第21回「M様」(2016年夏) 第22回「O様」(2016年秋)